近年の老眼治療

40歳くらいから気になりだす老眼。
年老いて死ぬまで長い付き合いになってしまいます。
老眼って治療できるのをご存知ですか?最新の治療方法では、片目だけ手術によって、視力を回復させる方法もあるんです。
片目の角膜にメスを入れ、小さな平たいリング状の物を角膜に入れるというものです。
ほんの数十分ででき、自分の足ですぐに帰ることもできます。
術後しばらくは、ぼんやりとかすんだ状態が続きますが、1ヶ月ほどで老眼が気にならなくなるようです。
私たちが、遠くで見えにくい物を見る時に、小さな穴から覗くと見えやすくなる原理と一緒です。
何十年も老眼鏡に頼る不便な生活が続くことを考えると、ちょっと怖い目の手術にも耐えられるかもしれませんね。

none

最新投稿

  • 老眼の治療方法について

    自分の両親が50代目前になってきて、今まで母は目がとてもよくめがねは必要のない人でしたが、最近老眼が …

  • 最新の老眼治療

    老眼は、通常の老眼鏡である程度の対応が可能です。
    また今では、老眼用のコンタクトレンズも一般的 …